犬のしつけと一言で言っても、犬のサイズによってしつけの方法が違う事をご暫時でしたでしょうか。
犬種によって気質に違いがあるので、その性格を踏まえて上で、しつけ方法が違ってきます。
主な犬種による、性格とどの様なしつけが重要なのかを以下に記していきます。

小型犬

ダックスフント

c7c1096474f097419effd7efc110e0a5_s

元々はアナグマの狩猟用として品種改良された狩猟犬なので、大変気が強い性格をしています。その為、番犬として向いています。

家族思いの一面もあるので、初対面の人に間あまりなつかず向かっていく性質があります。ですから、しつけをする時には家族全員が犬と信頼関係を持ち、更に全員がリーダーとならなければいけません。仮に、家族として認められないと、犬は他人と思い込み飼い主の言う事を聞かない状態になってしまいます。

しっかりとした信頼関係を築くと、犬は言う事を聞くので大変飼いやすくなります。しかし、最近ではミックス犬もおりますので、その犬の性格は多岐にわたります。参考にしてください。

チワワ

efe4f139fb496c47ff5f82b8353093cc_s
チワワは大変活発な性格をしています。体が小さいのですが、運動量が多いのが特徴的です。また、非常に臆病で人見知りで、内弁慶な部分があるので家族以外にはあまりなつきません。

また、チワワは体が小さい為なのか、非常に警戒心が強いです。その為驚きやすいので驚かさないように接する事が重要です。

その反面、リーダーとして認めた家族にはとても忠実です。チワワが自分を守ってくれるリーダーとして認めるとその人には忠実になります。そうなるとしつけは容易です。

トイプードル

17eb4f427d0e09df7b20d4eef7fadfb4_s
まず、プードルについて知っておく必要があります。プードルは、中~大型犬に分類されます。今回紹介するトイプードルはプードルの中でも小型に属する犬種になります。

プードルは元々狩猟犬でした。その為、大変気が強く運動能力は大変高いです。そして、狩猟犬ですから大変賢いです。飼い主のいう事には忠実に従います。しかし、運動能力の高さとは裏腹に非常に骨が細い為骨折をしやすい犬種とも言えるでしょう。無理な遊びは足の骨折やケガにつながり易いので無理はしないようにっしてください。

トイプードルを飼う時には家族全員がリーダーにならなければ、犬は言う事を聞きません。つまり、しつけが入らなくなりますので、しっかりとリーダーになる事が重要です。

ビーグル

ac99e0c6f90e90898b012d3cc23606d9_s
ビーグルはスヌーピーのモデルとなった犬種です。元々狩猟犬だったため運動量が豊富です。また、匂いで獲物を追いかけ、見つけた場合には吠えるという役割を担ってきました。更に、ビーグルの鳴き声が重宝されていた時代もあるので、無駄吠えをさせないようにしつける事が重要です。

また、諦めない性格の反面、甘えん坊で寂しがりや、いたずら好きという性格を持ち合わせているので飼い主さんには、かなりの寛大さが求められます。

しつけは成犬になってからでは困難なため、生後2か月程から根気強くしつけをするようにしましょう。最初にするべきしつけは、「おすわり」と「待て」です。これを覚えさせると後のしつけが容易になります。

中型犬

柴犬

650d5d9247213325e013703893222018_s
柴犬と言えば日本でも海外でも人気のある犬種ですが、性格は、気性が荒く警戒心も強いです。しかし運動量が豊富なので、十分に運動をさせる必要があります。これができない場合には柴犬がストレスを溜めてしまいます。

また、独立心が強いのでリーダーはしっかりとリーダーらしく振舞う必要があります。縄張り争いが盛んなので番犬として、敵に対する攻撃力が高く、果敢に立ち向かっていきます。ですから、家の外に柴犬を置くと無駄吠えをする事が多いので、無駄吠えをさせないようにしつけをする事が重要です。信頼関係をしっかりと築く事が重要です。

コーギー

0ae56c3bc10eb5f5286b3631c8a423e3_s
正式名称をウェルシュ・コーギー・ペンブロークと言います。コーギーは元々牧羊犬でした。その為頭がよく飼い主に忠実です。

人見知りや怖がることはあまりないので社交性が高い犬種と言えるでしょう。但し、運動量が豊富で、走る速さも早いので脱走防止には十分に注意をしましょう。散歩をしっかりとしてコーギーの豊富な運動量を満足させてあげる事が重要です。

大変賢いのでしつけは入り易いです。基本をしっかりと教え込めば比較的飼育しやすい犬種と言えるでしょう。しかし、性格には個体差があるので、あくまでも参考にしてください。

大型犬

ド―ベルマン

dog200
ド―ベルマンと言えば番犬や警察犬として知られています。見た目は怖いですが、知的で好奇心が強くどんな時でも飼い主に忠実です。しかし、警戒心が強い為、家族と認められるとその家族を守ろうとしてくれる心強い存在です。

ド―ベルマンのしつけで重要なのは、散歩の時に引っ張らないようにする事です。基本は「ダメ」と言いながら首輪を素早く引きます。これを繰り返すうちに犬の方も徐々に覚えていきます。

ゴールデンレトリーバー

8760c3fb62e090be6d096e93a459a852_s
ゴールデンレトリーバーとならんで有名なのがラブラドールレトレバーです。しかし、特徴は異なります。レトリーバーは元々、狩猟で撃ち落とされた鳥を拾いに行き回収する働きをしていました。

ゴールデンレトリーバーは、大変賢くおとなしくて優しい性格をしています。社交性も高いので番犬としては不向きです。しつけは基本をしっかりと行えば、大変飼いやすい犬種と言えるでしょう。等に散歩時に引っ張らないようにしっかりとしつける事で、飼いやすくなります。愛情をもって犬が安心できるような環境で飼育してあげてください。

但し、おとなしく、優しい性格だからと言って小型犬に近づけたりすると、相手の犬に対しての威圧感があるので、何もしないよと、伝える為にも「ふせ」を教えるようにしましょう。

まとめ

このように、犬種によって性格や経緯が違うので、その性格をよく理解して犬種ごとに必要なしつけをしていきましょう。

最近ではMIX犬が増加傾向にあるので、一概には言えませんが、その子の性格をよく観察してしつけの方法を試行錯誤してみてください。基本的に犬が家族全員をリーダーとして認識するようにしつける事がどの犬種にも当てはまります。

成犬になってからのしつけは困難ですが、愛情と根気をもって接すれば犬の方にも気持ちが伝わります。これは私の経験ですが、成犬は、性格が完成しているのでしつけがしやすいです。

経験上ですが、一度リーダーと認識させると、しつけがしやすいです。子犬の頃から飼育している場合は、可愛いとからと、何でも許していると成犬になってから、わがままな性格になり易いので、子犬の時から飼育する際はしっかりとしつけをする事が重要です。

次の章では、室内犬と室外犬によるしつけの違いを紹介しましょう。